家庭生活の愚痴まとめ

家庭生活の愚痴まとめは2ちゃんまとめブログです。家庭生活の中でよくあるあるな悩み相談・愚痴をメインに、管理人が気になったものを取り上げています。

 

1: 2017/09/01(金) 06:08:58.72 ● BE:828293379-PLT(13345) ポイント特典
兵庫県姫路市は31日、元臨時職員の女性(42)が今年6月、住民基本台帳システムの端末を不正に操作して
同市の20代男性の住民票をプリントアウトし、住所を入手していたと発表した。
7月に女性が男性の自宅を突然訪れて手紙を渡したことで発覚。
女性は直後に退職した。
市は個人情報保護条例違反の容疑で姫路署に告発した。

姫路市によると、女性は7月16日午後11時半ごろ、
男性宅を訪れ「一目ぼれしました」などと書いた手紙を手渡した。

居合わせた婚約者の女性が同18日、「市の個人情報を利用したのではないか」と市に連絡。
市がシステムの履歴を調べた結果、不正操作が判明した。

以下ソース:共同通信 2017/8/31 18:57
https://this.kiji.is/275927539663570421

170901_1

【【ホラー】姫路市職員の42歳女性、一目惚れした20代男性の住民票を不正入手、自宅を訪問】の続きを読む

1: 2017/08/30(水) 08:10:03.81 ID:uC43W0hs0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
三重県内の山で遭難し、警察に救助されたという30代の女性ブロガーが、自分を救助した警官の対応を批判するブログ記事を投稿したことが、
インターネット上で物議を醸している。

ブログによれば、女性は一人で標高約1200メートルの山に登った。地図は持ち歩いていなかったほか、登山届も「下山のルートを 決めていなかったので書きませんでした」としている。

「批判されるのを覚悟で書こうかと思います」
遭難の経緯と警官への不満をつづったブログは2017年8月28日に投稿された。記事での冒頭では、トラブルの詳細について 「批判されるのを覚悟で書こうかと思います」と宣言している。

女性が遭難したのは下山中のこと。初心者向けだというコースで下山していた際、誤ったルートを進んで道に迷ってしまったという。ブログでは「これはもうだめだな、これ以上進んだら死ぬ」と当時の心境を振り返っている。

その後、女性は携帯電話で警察に救助を依頼。近くを通るロープウェイの職員の助けを受けて安全な場所に移動したうえで、
救助のために駆け付けた警官と合流したという。

ブログによれば、女性は警官から「単独で登山するとこうゆうことになるんだ」(原文ママ)などと説教を受けた後、詳しい事情を聞くために近くの 警察署に移動することを求められたという。

こうした対応について、女性は「(警官が)なんだかすごく感じ悪かった」「何様なの?」との不満を漏らした。

http://news.livedoor.com/article/detail/13536645/
170830_3

【救助してくれた警察官に対して「なんだかすごく感じ悪かった。何様?」 遭難した女性のブログやTwitterが炎上】の続きを読む

1: 2017/08/26(土) 14:10:50.47 ID:8dfBzAq50● BE:373518844-PLT(15931) ポイント特典
先日、高速道路を走行中に発生したトラブルを撮影した動画がTwitterで話題になった。 (略)
ツイートした人物が運転していた車に搭載されている、ドライブレコーダーの映像である。
動画の撮影者曰く、トラブルが発生したのは8月19日であり、場所は「東名阪の亀山JCTの上り線」であるという。
渋滞中に、トラブルになった相手の男性の車が「路側帯を走行し、いきなりハザードを炊きながら割り込んでき、
本線で駐停車し、運転手が本線を歩くという役満でした」と、相手の行為に問題があることを指摘した。
no title

前方を走る車に対して、撮影者がクラクションを鳴らす場面から動画は始まる。その直後、相手の男性は本線車道で
車を急停止した。そして車を降りると、撮影者に向かって歩いてきた。「なんじゃ、こりゃあ」などと大声で連呼して、
撮影者を恫喝。やがて自分の車に戻ると、路肩を通って走り去った。
no title

no title

撮影者によると、相手の男性は「怒鳴っていましたがドラレコを指さすと黙りました」という。動画には、相手の男性の顔や
車のナンバープレートが鮮明に映っている。 (略)
撮影者がクラクションを鳴らしたことを疑問視する人物も現れた。すると、撮影者は反論を展開した。
そして、「割り込む30秒前も上げておきますね」とツイートして、新たな動画を公開。自身に非はなく、相手の男性に
怒鳴られたことは理不尽であると主張した。
当サイトでは、トラブルが発生した地域を管轄する三重県の警察本部に連絡を取った。高速道路交通警察隊の
担当者曰く、本件は初耳だったという (略)
動画の閲覧方法等について担当者に尋ねられたので、関連情報を提供した。
担当者によると、例えば携帯電話の使用を目的に、本線車道で停車するといった行為は違法であるという。
だが、突然クラクションを鳴らされるなどして、確認目的で停車したり車を降りたりすることを、違法と即断することは
できないそうだ。動画の詳細を確認した上で、当事者に話を聞くなどして、事実関係や違法性の有無を調べるという。

記事全文とそのほかの画像一覧 http://tanteiwatch.com/67278

【【動画】高速道路で無茶な割り込みをしたDQN、クラクションにブチギレするまでの一部始終をTwitterで晒される】の続きを読む

このページのトップヘ